緑色は目ではなく心にいい色~灰色の時間静止性

    かつて、「緑色のものを見ると目が良くなる」という都市伝説(?)があったのをご存知だろうか?これは当然ながら嘘である。これは諸説あるが、遠くの山を何日も見続けていた人が視力が上がったのを「緑である」せいにしたことから広まったらしい。僕は、それが嘘であることを小学生の時に知って驚いた記憶がある。

    ただ、「緑色」という色は僕にとって非常に心地の良い色だと思う。桜が散って、生い茂る自然が目立ってきた今日この頃、太陽の当った植物の色味はなんとも言えない美しさがある。特に北大にはかなりの量の木が植えられている訳だが、その多さと連続性がある種の集団美を生み出している。

    僕はそもそも、木が生み出す曲線が好きだ。盆栽でよく「躍動感」と言われるような要素だ。近くで見た時の、人間でいう筋肉質のような生きている感じや、太い幹から太陽の方向に伸びていく細い幹がフラクタル構造をなして伸びていくのが美しい。

    酒井 格氏の「森の贈り物」のような自然独特の躍動感や神秘性を感じる曲も当然好きだ。あの曲を聴いていると、本当に自分が森の中にいるような気になる。

    話を「緑色」に戻すと、緑色といえば「野菜」とか「ビタミン」などのワードも思い浮かぶ。ビタミンは五大栄養素にも含まれ、概要的にいえば体の調子を整える役割を持つ。その役割もあってか、「緑色」というワードと「健康」というワードも近しい関係性があるとも言える。僕の大好きな「緑茶」も、栄養素的には体に良いものが多く含まれる。

    色々書いてて思ったが、結局緑色は心身ともに健康になれる癒しの色であると言えそうだ。特に植物の持つ緑色は、ディジタルでなくアナログに微妙に変化して見える、それが独特の美しさを持つ緑なのである。

    同時に、僕は白黒写真のような世界観も好きだ。昔は何気なく白黒写真を見ていたが、カラー写真以上にカメラがある一瞬を切り取ったという感じが出ているように思える。

    基本的には白黒写真に味はない。それを人間の想像力が調味料だけで若干量の味を加えているだけだ。僕はその小さな味に強いこだわりがある。写真から色味が失われると、そこに残る印象の殆どは「形」と「明暗」で決まる。路地裏とかシャッター街を白黒写真にすると良い。閑古鳥が鳴くような雰囲気を時分割してその一片を見てみると良い。時間の静止性、そして客観性を十二分に感じられることだろう。

    逆に写真が白黒であるということは、その先の色の判断を人間に任せる、という捉え方もできる。一般的には、白黒の葉っぱの写真を見れば「元は緑だったんだろうなぁ」と切り取れるし、日本のポストの写真をを白黒に加工したものを見れば「赤色」を潜在的に塗りつぶすだろう。では、もし葉っぱが「青色」だったら?ポストが「緑色」だったら?コカ・コーラが「紫色」だったら?

    我々の想像力的には、そんな想像難しいかもしれない。試しに画像加工ツールなどを使ってやってみて欲しい。「赤色の便器」「青いご飯」「緑色の人間」。芸術は、僕らの知らない解像度の世界線にある。最初は「青い葉っぱ」を我々が「葉っぱである」と認識しないかもしれない。それは白黒写真も同様ではないか?

    僕はファンタジックな非現実性のあるものが割と好きで、白黒写真もその一例だったりする。本来この世界は、我々の解像度目線で話すと白黒では無い。ただその世界は画像を加工する、視点をカメラ側にするだけではっきりと非現実味を帯びてくる。時間とともに色すらも失った空間、そこに残るのは「形」「明暗」そして「普段感じることの無い感情」だ。とても奇妙な感じで、身体中がもどかしさを感じるような感情。それを白黒写真が提供してくれると僕は思っている。

    白黒写真は時間を止め、ものをよく見る癖をつけ、想像力を掻き立てる、味のある芸術だ。

今年のコンクール課題曲の特性と音楽性

    私の所属する楽団の、今年のコンクールで演奏する課題曲と自由曲が晴れて決定した(課題曲:IV、自由曲:交響曲「ワイン・ダーク・シー」(J.マッキー))。課題曲を決めるにあたって指揮者やセクションリーダーが色々議論を重ねた上での決定で、当然ながら文句などひとつもない。

    ただ、課題曲が決定してしまうとその曲以外の曲に触れることもあまりなくなるだろう、と思ったので、今回は今年の課題曲について思ったことをまとめてみる。

 

Ⅰ.「あんたがたどこさの主題による幻想曲 (林 大地)」

    今年の課題曲で僕が一番好きな曲だ。作曲者が、2011年の課題曲Ⅲ「吹奏楽のための綺想曲『 じゅげむ 』」の曲に触発されて作ったというこの曲は、曲の作りがかなりじゅげむに似ている。フルートのソロから始まるこの曲は、アップテンポな主題を中心に描かれつつ、中間部には和の雰囲気を全面的に醸し出すエモい部分が用意されている。

    コンクール的な視点で話せば、縦を揃えながら横の動きも揃える難しさはあるものの、様々な視点で課題が捉えられ、曲自体がいい曲、いいメロディーを持っているので、やることが尽きない上でモチベーションは比較的落ちづらいと思う。完成まで持っていくのにはかなりの時間が要りそうな1曲だ。

Ⅱ.「マーチ『エイプリル・リーフ』(近藤 悠介)」

    中学高校の部で1番選ばれそうな曲だ。曲自体は吹奏楽コンクールの課題曲の模範みたいな曲で、ハイテンポなマーチだ。AのメロディーもTrioのメロディーもクラとサックスが最初にやる関係で、編成によってはサックスが目立つメロディーとなりそうだ。個人的に雰囲気は「マーチ『ライヴリー・アベニュー』」と似ているような気がするがどうだろう。

    こういうマーチで難しいのが「リズム感のキープ」で忘れがちなのが「和声感を整えること」だと思っている。これらを忘れずダイナミクスを表現出来ていれば、完成度は上がるだろう。演奏の基本を問う、という意味でまさに課題曲の名にふさわしい。

Ⅲ「行進曲『春』(福島 弘和)」

    今年は3曲も行進曲(マーチ)があるんだなぁ、と思って聴いてみれば、一風変わった存在感で出てきたのがこの曲。コンクールの課題曲感を感じさせない、全体的に落ち着いた雰囲気のあるローテンポな行進曲。ローテンポマーチが好きな僕にとって、いい曲だなぁと素直に感じる。

    この曲は行進曲でありながら、前半にユニゾンが多く、テンポの安定に時間がかかるという難しさがある。裏拍のリズムも多い(冒頭の「テーンテテーンテテテテテテーン」など)ため、マーチでありながら縦を合わせるのがかなり難しい。

IV.「行進曲『道標の先に』(岡田 康汰)」

    僕は、この曲を「ドラえもんみたい」と比喩した友人を称えたいくらいに曲のどの部分をとってもドラえもんという表現が秀逸だと思う。6/8というⅡともⅢとも違う色のマーチで、全体的に滑稽な雰囲気のある曲だ。

    ワクワク感のある曲ではあるが、そのワクワク感の表現は意外にも難しいと思われる。まずは6/8拍子に慣れて、リズムを全員で正しく共有する。その上でメロディーがしっかり歌いこみ、ダイナミクスを表現しなければならない。ただ、それが難しい故に避けてⅡにする団体も少なからずいることを考えれば、弊団がIVを選んだことは悪くないと思っている。

Ⅴ.「ビスマス・サイケデリア Ⅰ (日景 貴文)」

    課題曲Ⅴの特徴として、複雑ではあるものの全員がその複雑性を共有し演奏にそれが現れれば評価はされる、というイメージがある(Ⅴ自体演奏未経験なのでなんとも言えないが)。今年のⅤは特に前半部にそういう特徴があると言える。煩雑な連符が飛び交いながら後半は変拍子状態でテンポが安定化していく。

    仕上げるのには相当な根性がいるものの、その分仕上げた段階である程度の評価を受けるため、コンクールの勝ちを狙いに行く上で間違いではないと思う。ただ、Ⅴにした時の自由曲の選び方は僕にはわからないので、経験者に委託したい。

総括

    今年の課題曲は個人的に好きな曲が多いが、去年に比べてどの曲も難易度が高い印象を受ける。そして特にマーチやⅤは課題曲としての意味を本格的に掴んだと思われる年だ。曲をしっかり聞いてみれば課題曲としてでなく演奏会で使える曲も多い。そういう意味で、今年は多様性のある課題曲だと言える。

    おそらくはⅡが一番多いのではないかと予想するが、どうなんだろうか。ますます今年のコンクールが楽しみだ。

 

P.S 

あんたがたどこさは普通に演奏会でやってみたい。福島弘和さんは神。

情報系大学生を名乗るには ~ディジタル・デバイドの荒波

    僕は今、情報系の学科に所属する大学生である。それは紛れもない事実であるが、実のところ僕はそれを自信を持って語れるか、という質問には易々とYesとは言えない気がしてこんな記事を書いている。

    僕らの学科は、基本的には数学、物理、プログラミング(主にC言語)を基礎から学び、それをどう使った技術と向かい合っていくか(今ある技術はどういう数学で書かれ、どういう物理が動かしているか)を学ぶ。その知識を持ってして我々は研究者となるはずである。

    しかし、実際の大学生は必ずしもそんな正統派な道を歩いちゃあいない。普段は遊んで、課題は出して、過去問を入手してテスト対策をする。それだけで良い成績自体は貰える。講義出席者の1割くらいしか授業の根本を理解してないのだきっと。しかもそれを教授側もだいたいわかっているから、「どうせ1年生の内容なんて少ししか覚えてませんよね?」みたいなことを平気で授業中に言うから面白い。

    日本の大学生は識字率は高いくせに、いざ就職した時の生産性が低いことが世界レベルで話題になっている。確かに日本人の多くは自分の名前を漢字で書けるし、足し算引き算くらいならできる(九九は少し怪しいが)。実は外国に目を向ければ、自分の名前のスペルがわからない、ということが思ったよりあるらしい。

    少し話はそれたが、それと似たようなことが同じ学科内で起きている。出来るやつはできるし、出来ない奴は出来ない。それは単に情報探索が少ないのでは無く、鍛錬不足の問題だ。少なくとも情報系(数学系も然り)は、真理値だとか回路図だとか数式だとかC言語だとか、とにかく多言語を一遍に習わされているような感覚になる。覚えることが多いのもそうだし、そのうえで数学的取扱い、物理的説明ができなければおいてけぼりになる世界だ。

    それを僕は先程言った「自分の名前を書けない外国人」と同値だとしているのだ。

    やりたいことが僕自身に沢山あって蔑ろになっていた部分があった。あと半年後には所属する研究室も決定する。もっとその名に恥じないエンジニアを目指したいと思っている。

    なんというか、就職はしたいが、その会社でずっと働こうとは思っていない(たとえ最高の職場だ!と思っても)。細かい夢や希望は特に決まってないが、少なくとも寿命か過労で死ねればそれで満足だ。

    そのためにも情報収集は忘れず、自分を高めていかなくてはならない。デジタルデバイドの荒波から脱出するための努力をしなければならない。もちろん情報系だからってその道の上を歩かなければならない訳ではないし、僕自身も道草をかなり食っている。ただ僕もこの状況(情報を学ぶということ)が就職に微有利であることには変わらないし、働いて初めてわかることもある。大学院も就職もどちらも経験した上でこの先を決めて行ければこれほど幸せなことは無い。

 

......こんなに真面目で大丈夫か?

ペットボトルで売られているお茶研究会第一回発表

    小学校4年生の頃、家にあったペットボトルの「烏龍茶」があって、飲んでみたら存外美味しくて、それ以来ジュースよりもお茶を好む人間になってしまった(その代償あってか、未だに炭酸飲料は苦手だ)。また烏龍茶から始まるのは渋いが、その後おーいお茶、伊右衛門生茶などメジャーなものから、茶織、うらら、茶の間など色々飲んできた(ただし紅茶類は対象外)。色々飲んできた中で、美味しいと思ったものを色々とあげていく、そんな回だ(需要何処)。

おーいお茶 濃い味

    これを3日飲まない時はないくらい頻繁に飲んでいる。僕は比較的濃いお茶が好きで、ティーパックで作ったお茶も下の方の味が割とすきだ。これが好きになったのは高校一年生の頃だろうか。苦味とお茶の本来の味が出ている至高の逸品だと思う。普通のおーいお茶も美味しいが、それを遥かに超えてこちらがうまい。

綾鷹

    言わずもがな、ペットボトルのお茶と言ったらこれ、という人も多いのではないだろうか。実際自動販売機には、他にどんなお茶があろうとだいたい「綾鷹」は揃えている。あのお茶はおーいお茶濃い味の次に好きだ。

    実は味に関しては同じくらい好きだ。ただその味になるためには、少なくとも何回か振らないといけないと思う。降らなかった時は結構水に近い味がして、あまり好まない。その手間を加味すると、おーいお茶濃い味には劣りそうだ。

セイコーマートの「緑茶」

    これは濃い味の方もあるが、僕はこっちを推していきたい。当然濃くはない。さっぱりしており、かなり飲みやすい味になっている。少し味はチープに感じる人もいるかもしれないが、使っている水のせいか、透き通った味がするのは間違いない。気分によってはこちらを購入する時もあるし、税込100円なので、ワンコインで買えるというお得さも兼ね備えているのも良さのひとつだ。

伊右衛門

    少し濃いめに設定されているこのお茶も、振れば美味しさが出る類のものだ。濃いというよりは苦い成分が結構ある味で、季節ごとに味が変わる、といったこともやっていた(今もやっているのだろうか)。

生茶

    昔はお茶だと思って飲んだら、甘さが突然襲いかかってきて不快感を覚えたのは中学生のこと。今は凛としたお茶に変貌していた。大衆寄りに行ったといえば近いか。味に関してこれといった大きな特徴はないが、安定感のあるお茶であることに間違いはない。前みたいな味に戻らないといいのだが......

まとめ

    本当にどのお茶を飲んでも味が変わるので、こちらとしては比べがいがあって面白い。ただ、セイコーマート以外で「緑茶」とだけ書いてあったり、普通のお茶より安いお茶は、こだわりのある人間からすればあまり美味しくないものが多い。時間があれば色々やってみて欲しい。そして、さらなるうまいお茶があれば教えて欲しい。

 

P.S

最近はほうじ茶にもハマっているし、言わずもがなティーパックで作ったお茶は美味しい。ということだけ言っておく。

君はUNDERTALEを知っているか

    僕はよくゲームをする。それは幼少期から変わらない。ポケモンにハマり、星のカービィにハマり、ドラクエにハマり、マリオシリーズにハマり、パズルゲームにハマり、そして今はスマブラにハマっている。ゲームを全くしないという期間は自分の中には存在しないのではないか、というくらいにはやっている。

    大学生になった時に、僕はストーリーがしっかりしている物語がとても好きだということにも気づいた。PC用ゲーム「魔女の家」や「被虐のノエル」、「霧雨の降る森」などは、中身のしっかりした素晴らしいゲームだと思う。

    「UNDERTALE」もそういう類だ。

UNDERTALE

2015年9月15日にToby foxによってwindows用に作られ、現在pc、ニンテンドースイッチps4などでプレイ出来るこのゲームは世界レベルで売れている、まさに神ゲーだ。

    軽くストーリーを説明すると、人間とモンスターという2つの種族が生活する世界があり、ある時に人間とモンスターで戦争した。それで2種は別な領域で生活するようになった。ある日、主人公がそのモンスターの領域に入ってしまって、モンスターと接触しなければならなくなった。その主人公の振る舞いによってどういう結末を迎えるかが変わってくるというマルチエンドシステムのゲームだ。基本的にはRPGで、モンスターとエンカウントするが、行動によっては倒さなくても戦闘を終わらせることが出来る。

    僕がこのゲームについて好きな点を述べよう。

    まず、先程言ったマルチエンドのシステムがいかにも人情をつくようなストーリーになっているということだ。世の中には、自分に優しくしてくれる人がいて、最初は疑いをかける人もいて、自分を利用しようとする人もいる。優しくしてくれる人を傷つけるとどうなるか、自分を嫌う人に対して優しくするとどうなるか、一つ一つの振る舞いに人情的な重みがかかっているかのようなストーリー仕立てになっている。多くの感動ポイント、裏切りポイントがあり、感情の起伏が思わず激しくなるだろう。その感情の起伏が増大しすぎて、宇宙を超えてしまうかもしれない。

    次に、BGMが良い(僕がBGMの良いゲームが好きなことが多いのは前記事より自明なはずだ)。いかにも電子音だ、と思うところが多く、それぞれのエリアにいるボスとの戦闘用BGMがどれも良い。ただ、僕は曲を単体で聴くよりも、実際にプレイしながら(見ながら)聞く方が心にジーンとくるものがあって、BGMの良さを、ゲームのストーリーの良さを増幅させると思う。

    このゲーム最大の見所は、やはり自分の行動が運命を変える点にあると思う。ドラクエのような一般的なRPGは、選択肢が出たら、だいたい「いいえ」を選ぶとストーリーが進まなかったり、モンスターは倒すこと、逃げることを前提としてたりしていた。UNDERTALEでは、「いいえ」を選ぶこともできるし、モンスターを必ずしも倒す必要は無い(代わりに「みのがす」というコマンドがある、「逃げる」ではなく)。倒す未来も倒さない未来も用意されている、そこに自らの行動の重さが垣間見れる。

    これらが世界中で人気が爆発し、続編である「deltarune」をToby氏が出すに至った理由であろう。もし、1度も遊んだことがなければやってみるといい。後悔もするし、感動もするだろう。

 

P.S

このゲーム、そこそこ難易度が高く、操作精度が結構良くないとできないところもあるし、実際に僕はまだ自力でGエンドを迎えられていない。

大人になるとはストレスと戦う戦闘民族か

    僕は、未だに「大人」という言葉を聞くと、どうしてもストレスと常に顔合わせなイメージがある。完全な偏見なのだが、令和になった今でもそういうバイアスがかかってしまうのである。

    僕は、今割とストレスフリーに生きていられている。ありがたいことだと思っているが、早く当たり前になって欲しいとも思っている。

    「もっと大人になりなさい」「ちゃんと考えて行動しなさい」などの言葉は、僕にとっては解像度のあまい、抽象的な言葉だと思っている。大人の定義もできず、考えた上での行動がそういう注意の受けるものであれば、何をして良いかわからなくなるということも自明なはずだ。

    もちろん、仕事を始めないとわからないストレス感覚だったり生活感だったりは存在するだろう。ただ、それを抜きにしたストレスに関しては、まとわりつくべくしてそうなってしまったのではないか?

    よく聞くストレスに「人間関係」がある。当然僕も「この人とは性格が合わないな」という人はそこそこいる。以前記事で書いたことに付加して言うと、、人間関係の悩みは、①そういう人だと割り切ること、②意図的にその人から避けること、の2パターンがある。(①は前記事を参照)

    ②に関しては、例えばその人がいる職場や団体には参加しない、いる職場にいたとしても極力嫌われる努力をする、などだ。あまりいいイメージを持たれないかもしれないが、逆にいいイメージを持たれたいと思う人に対して多く関わり、多く信頼を獲得しておく方が僕は重要だと思っている。そのためには、人間関係のストレスからはできるだけフリーになる必要がある。そのストレスを他人にぶつけてしまっては元も子もない。

    大人といえば、たまにいる「僕はなんでも知っているから任せてよ!」みたいな大人も僕がなりたいと思わない類の大人だ。少なくとも僕はまだまだ知らない世界があると思っているし、知らない世界に対してはなるたけフラットに対応していこうと思っている(実現出来ているかはわからないが)。

    僕の中ではそれが正解に近いと思っているのだが、どうも無知の無知魔人は世界に蔓延っているようだ。自分自身でも無知の無知である領域がないとまでは言わない。それを自覚してない振る舞いをするのは真に大人だろうか。

    まぁ色々書いてきたが、結局ストレスを上手に処理できる人を僕は今のところの「大人」の定義の一つとしておこう。

    こんな記事を書けるのは大学生までかもしれないから、今のうちに小汚い理想を書いておいて、後で「机上の空論だったな」と後悔する日が来るのを楽しみに待っている。

    さぁ、また大学生をしに行こう。

ユーフォニアム・チューバ合宿の備忘録

    何も考えずに1人で行くことを決めた、北海道ユーフォニアム・チューバ協会主催の「ミュージックキャンプ」。3日間という短い期間ではあったが、基礎から独奏時の表現まで色々とプロから教わってきた。忘れないように書いておくだけだが、読者の役に立てるかもしれないので残しておく。

    まず1日目。1人目のゲストであるトーマス・リューディ氏から基礎のハウツーを学んだ。基礎用の楽譜もプレゼントしてくれた。基礎の時から音楽やフレーズ感を持つこと、まずは楽器ではなく歌ってみることの重要性を学んだ。

    独奏クリニックでは、表現のために必要なダイナミクスの話とかイメージを持った演奏を重視した講座をやってくださった。短時間ではあるが自分の演奏を聴いてもらって、自分の心情の動きとそれに対応する楽器の響き、更にそれが大衆にしっかり思いが届いているかまで対応しているかを確認すべき、というアドバイスをくださって、今後の糧となった。

    2日目も独奏の練習があり、リューディ氏から、音楽を学ぶことの基本(ユーフォニアムはただのmachineであるから、音楽をするために歌いながらフレーズの歌い方を決めていくことなど)や、プレイヤーだけでなく、作曲や指揮もした方が音楽性の幅が広がるという話もあった。非常に刺激があった。

    2日目には任意参加のコンクールも用意されていた。(私は独奏初心者なので、参加する技術はない)30人を超える独奏の発表をゲストであるプロの演奏家の方々が審査をする。どの演者も自分なりの音楽をしていることが、独奏クリニックの経験を経て気づけた。テンポやダイナミクスの揺れ具合、思いなど様々なことを演奏から感じ取ることが出来たし、自分の足りない点にも気づけた。(聴いてるだけでもわかるからすごい方々だ...)

    3日目、最終日。最後に参加者全員でバリチューアンサンブルをした。(総勢120名、こんなの二度とない!)G線上のアリア、ハンガリアン・マーチ、エルザの大聖堂への道、Tuba Juba Dubaの4曲。どれも別な楽しさのある曲だった。エルザの時に感動して泣きそうになってた。(最近感情昂りがち)

    そして全ての日の最後にあった講師たちによる独奏ミニコンサート。特にリューディ先生の音が綺麗すぎて聴き入ってしまった。チューバの玉木先生がやった、(曲名は忘れたが)4番管を抜いて演奏するという特殊な曲も、自分の世界を広めるきっかけになった。

    このような機会を設けてくれた北海道ユーフォニアム・チューバ協会の方々、そして講師の方々、更にそれをサポートしてくださったピアニストの方々やスタッフの方々、そして参加者全員に感謝したいと思う。本当にありがとう。これを機にもっと楽器に打ち込んで行きたいと思うし、学んだことを発信していきたいと思う。

    お疲れ様だ。